基礎代謝について

基礎代謝を知りましょう。基礎代謝のアップで、美容・健康によいて体作りを。基礎代謝の計算・測定方法から、基礎代謝を上げる方法、トレーニングなど。基礎代謝を上げる方法では、お風呂の入り方を中心に解説しています。普段基礎代謝については余り関心がない方も多いとは思いますが、基礎代謝を上げることによって、痩せやすい体を手に入れることができます。ダイエット中の方は、基礎代謝についても知っておくと良い結果が得られるでしょう。

基礎代謝 新着情報

あなたは「基礎代謝」について考えたことがありますか?一度は基礎代謝という言葉を耳にしたことがあると思いますが、ダイエットをする時に、基礎代謝が高いか低いかが大切なポイントになります。基礎代謝はBM(basal metabolism)とも呼ばれ、生存していくために必要最低限の機能を維持するためのエネルギーの代謝のことを意味しています。快適な環境で精神的にリラックスしている時や睡眠の時などでも、私達は体温を保ったり呼吸をしたり、心臓や肝臓などを動かしています。

そして生命を維持するために様々な活動をしています。1日中お布団の中でゴロゴロしていても、空腹感を感じてしまいますよね。これはそのような活動でエネルギーが消費されているので、このエネルギー代謝を合計したものが基礎代謝になります。エネルギーを代謝するといえば、運動をイメージするかたが多いでしょう。しかし、特別な運動をしていなくても、私達は日常生活を過ごしているときに体を動かすことで脂肪を燃焼させてエネルギーを使っています。

しかし、運動によるエネルギー代謝量は、全体からみればほんの一部なのです。1日に消費されるエネルギー全体をみればわかりますが、約70%が基礎代謝としてのエネルギーなのです。ダイエットには運動しなくては、と思いがちですが、それだけでは十分なダイエットとは言えないのです。基礎代謝を高めていき食べても太りにくい体質にしておきましょう。そして更に運動でエネルギーを消費すれば、より効果的にダイエットができます。ダイエットしたいと考えている人は、まずは基礎代謝をあげることからはじめましょう。

基礎代謝をあげるための運動で軽いダンベルをつかった運動があります。たとえば2キロくらいの重さのダンベルをつかって軽く体操をしていってみましょう。あとは夕食のメニューを脂肪分のすくないメニューにかえていくとよいでしょう。このような日常生活のなかみを変えていき体操などを3ヶ月くらい続けると、基礎代謝も食後の発熱(DIT反応)も高くなっていきます。

筋肉を鍛えてあげて基礎代謝をアップすれば食後の発熱も増えますので脂肪が燃焼しやすい体に変わっていきます。そしてダイエットもやりやすくなります。 引き締まった筋肉を目指すためには、腹筋や腕立て伏せ、また水中エクササイズ、ダンベルなどがお勧めだとおもいます。 また基礎代謝は季節によっても違います。夏バテをすると食欲が落ちてしまいますよね。そして飲み物だけしか喉を通らないということもあります。

けれどもそれほど体重は減りません。 一方で冬になり、食べる量が増えたとしてもそれほど太らないことがあります。これは、夏よりも冬の基礎代謝が高いからなのです。冬は気温が低いので体温を維持しようして、基礎代謝が上がっていきます。そのため消費するエネルギー量が上がるのです。冬を薄着で過ごそうとすればするほど基礎代謝アップを期待することができます。

基礎代謝の一般的な数値についてですが、成人男性の場合で1日1200~1600kcal程度です。そして成人女性の場合で1000kcal~1300kcal程度となります。 女性は男性よりも基礎代謝が低い傾向にあります。また、女性は妊娠・出産という大切な役目があるため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えていますそして筋肉量が少ないことが原因となっています。基礎代謝量については年齢と性別によって大きく違ってきます。

男女とも基礎代謝は10代をピークにして年齢とともに少しずつ減っていき40代を過ぎてしまうと急激に低下します。 20歳前の成長期で男性の場合は約1500kcal/日です。女性の場合は約1200kcal/日のピークを迎えた後にだんだんと減っていきます。40歳前後で男性の場合は約1450です。女性の場合は、約1150へと一気に下降してしまいます。50歳前後では男性の場合で約1400、そして女性の場合で約1100にまで下がっていきます。

その結果として年をとっても若い頃と同じような食事量をとっていると、急に太ってしまうことになってしまいます。中年以降は太りやすい体へと変わっていくのです。 このことから男女ともに年齢とともに基礎代謝量は少しずつ減っていき40代を過ぎると急激に低下してしまうため基礎代謝の減少をくい止めるには、筋肉を衰えさせないように鍛えることが大切になってきます。 1日約15分くらい片方2kgの軽いダンベルで体操をしたり夕食で脂肪分の少ないメニューにしてみましょう。